2011年03月31日

原子力

地震と津波をきっかけに、福島第一原発のコントロールができなくなっている。
九州にいても、なんとなく、県内の放射線量と水道の放射能濃度と
海外の研究所などが作成した拡散のシュミレーションを、チェックしてしまう毎日だ。

もともとわたしは原発には反対だ。
技術的なことはよくわからないから、大きな声でこれまで言ってこなかった。
それでも広島や長崎の経験を考えると、何かあったときの恐ろしさは想像できる。
「原発は失敗できないから、失敗するはずない。」みたいな主張もたまに聞こえてきて、
その自信がどこからきてるのか、なんか信用しきれなかった。

そして、この事故。
確かに発端は未曽有の自然災害だったかもしれないけど、
その後のことは人災として拡大しているように思う。
技術はもしかしたら完全なのかもしれないけど、
それを扱う人間はときにミスをしてしまうものであること、
そんな人間が集まった組織がときにうまく機能しないことも、
十分に考慮しないといけないのではないか。

原子力は、平和利用にしても武力としても、やっぱり反対だ。
原子力発電はエコだっていうけど、これだけ建物にも周辺の土地にも
近づけない状態をつくっておいて、環境にいいなんて、いえないんじゃないか。
周辺国・地域にもよっぽど「脅威」だ。
posted by oku at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。