2011年03月31日

これからのエネルギーのこと

関東における計画停電の影響が、広範囲に広がっている。
報道を見ていると、普段見えていないところでどれだけ電力に頼っているか、
本当に断片的なのだろうけど、気づかされる。
これが続くとなれば、日本の産業・経済構造は大きく変わっていくのだろう。

そして、原発の事故と計画停電から気づいたもう1つのこと。
それは、都市と農村の力関係。
「南北問題」が日本の中でも起きていることを改めて感じている。

では、わたしは何ができるのか。

すでに別に書いたように、わたしは原子力には反対だ。
しかし、実質的に原子力のエネルギーを普段利用している。

せめて、原子力発電の電気をボイコットできたらいいのに。
でも、発電方法を分けて配電されているようなシステムでもないし、
火力発電もそれはそれで環境面で考えないといけないし、
太陽光パネルをつけている持ち家に住んでるわけでもない。(そんな日はいつ来るか)
結果的に、「やっぱり電気が必要でしょう?原発が必要でしょう?」と、
原発を進める電力会社や国に加担するかたちになってくやしい限りだ。

わたしは電力から切っても切り離せない生活をしている。
この生活から完全に脱却しようと思ったら、かなりの覚悟と準備が必要だし、
そんな覚悟を持てないのが実情だ。

価値観と生活様式の抜本的な変革が求められている。
まだそれがどんなかたちか見えないけど、
それが考えつくまでちょっとずつ省エネしながら生活していきたい。
posted by oku at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/193441769
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。