2011年04月02日

世代間格差

世代間格差がどんどん広がっているように思う。
財政難、高齢化、少子化、非正規雇用の増加、貧富の格差の広がりと再生産、
環境問題、それに原発問題・・・。
課題は山積だ。

わたしは、社会人になるよりだいぶ前にバブルがはじけた世代だ。
不景気や就職難、環境問題が取りざたされる中、大人になった。
高度経済成長の恩恵を受けた世代の人もそれなりに苦労はあったんだろうけど、
うらやましくも、うらめしくも思う。
わたしたちの世代に重くのしかかった課題を思うと、
大きくなったときの明るい未来なんか描けなかったし、
こんな時代にわたしを産んだ親にあたったりもした。

大人になった今を考えると、状況はよくなってるというより、悪くなってると思う。
そして、この状況を変えるのに、わたしはあまりに無力だとも感じる。
たとえば、正社員として働いてないことで、女性だということで、
年齢が若いということで、意見が反映されにくい立場であることを痛感する。
ただ、選挙権などもあるし、社会でも責任を与えられるような年齢にもなってきたし、
子どものときとは違う立場にあることもわかっている。
わたしは次の世代になにを残せるだろう。

子どもがほしいと別で書いたけど、この状況の中で子どもを産んでいいのだろうか。
生まれた時点で、かれらには多くの課題が背負わされることがわかっている。
なにもできてないのに、子どもを産むって、わたしのエゴなのかな?
なんだかよくわからないし答えはでなさそうだけど、
そんなことをグルグルと考えている。
posted by oku at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。