2011年04月11日

都知事選のショック

昨日の都知事選の結果は、大きなショックだった。

パートナーは、「自分が考えられるあらゆる合理的な判断を考慮しても、
かれにはならない。」と頭を抱えていた。

細かい発言、どれをとっても、わたしの考えと相容れないが、
当面を考えて特に心配していることがある。
アニメやマンガ業界への影響だ。

大震災の影響を大きく受けている輸出産業のうち、
比較的被害が少ないのが、アニメやマンガ業界だと思う。
それが集中している東京都の知事を主導に、
アニメやマンガを規制するような条例をつくっている。
どこかの地域にこの業界が移動するにしても、
その間停滞してしまうんじゃないか?
ますます日本経済に回復の兆しが見えなくなる。

ん〜、やっぱり日本にいても暗い未来しかないのか。
わたしはかれが望むほど、「日本」に執着はない。
子どもができたら、英語とスペイン語と中国語を勉強させて、
いや、そもそも日本語に価値がなくなってたら外国に住んで、
本格的に日本脱出を考えるべきかもしれない。

かれとその支持者には、そんな危機感もないんだろう。
posted by oku at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。