2005年04月06日

心に留めておきたいこと

多くの友達は4月1日に社会人になった。
一方、私はまだ学生のままである。

会社説明会で何人かの先輩社員が言っていた言葉を思い出す。
「まだ学生やってる友達と比べると、責任感を持つようになってしっかりしてきたと思いますよ。」

「あんたは考えが甘いから、いっぺん世間の荒波にもまれた方がいいとは思うけどな。」
と、父にも言われたことがある。

多分働いてる人に比べて責任感を感じる度合いや回数は少ないかも知れないけど、働いてる人がそのような考えを持っていることを心に留めておこう。
posted by oku at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Job Hunting

What I did a year ago is job hunting. I had difficult time. Once I cried during an interview test and could not smile from the bottom of my heart. But, I learned a lot at the same time.

Things that I learned while I looked for a job
1.Outlines of some industries
2.Different companies having different colors
3.Cities in Japan, especially Osaka city
4.Questions about consuming society
5.Warmth of my friends


my comments
posted by oku at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

就職活動

一年前私がやっていたこと、それは就職活動。面接中に泣き出したり、心から笑えなくなったり。思い出せば4月は「就職活動」に食われ始めていた頃だった。つらい時期だったかもしれないけど、学ぶこともたくさんあった。

就活をして学んだこと
@いくつかの業界の概要
A会社ごとのカラーの違いの存在
B日本、特に大阪の町
C消費社会に疑問を抱く自分
D友達の温かさ


追記
posted by oku at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

Blog Policy

It is too late, but I will make one thing clear: the reason why I made this blog.

Blog Policy
This Blog is managed by oku.
The purposes for this blog are:
1. just to write down what I think in my dairy life
2. to tell my friends what I do these days
3. to make people know that there is a person who studies about foreign pupils
in Japanese public schools.
(No.2 & 3 are the reasons why I write this in English also.)

Note
posted by oku at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログの方針

ちょっと遅いですが、年度も変わりましたし。

ブログの方針
このブログは oku によって運営されています。
このブログの目的は:
@日々の考えを書き留めるため
A友達に最近何をやってるか伝えるため
B在日外国人児童の教育について考えてる人間もいることを知ってもらうため
(これから英語でもできる限り書くつもりですが、それはAとBが理由です。)
posted by oku at 00:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

さよなら大学生生活

2005年3月31日終わりを迎えるもの
@大学の学生証の有効期限
A最寄駅の自転車置き場の契約(約4年間大学通学のために借りてた)
B定期券入れの出番
 注:春から自転車通学

続きを読む
posted by oku at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

教科書

教科書問題に対する中国の報道
昨日3月26日、偶然にも『Yahoo!雅虎中国』で「中国教科書真的教導“仇日”[口馬]?中日専家剖析」という記事を発見。日本語で訳せば、「中国の教科書は本当に『抗日』なのか?日中専門家の分析」というところだろうか。

続きを読む
posted by oku at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

現代社会

哲学がご専門の先生とお話した際に学んだこと
テーマ:人間の欲望
@経済社会
A身分制度

詳細を読む
posted by oku at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

卒業

18日、晴れて私は大学を卒業した。

続きを読む
posted by oku at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

区切り

この前終わったこと
・事務の臨時アルバイト

この前初めてしたこと
・家庭教師

続きを読む
posted by oku at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

保護者

韓国人児童の母親との会話
そのお母さん:「漢字を見たら意味は分かるんですけどね…、読めないんですよ。
 あの子は学校に友達がいて、主人は会社に日本人がいて教えてくれる人がいるけど、
 私は日本人の友達がいないので…。」

続きを読む
posted by oku at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母語

韓国人児童の作文
「私には一つ心配することがあります。(略)韓国語を忘れたらどうなるのでしょう。」

韓国人児童の母親との会話
私:「日本にはいつまでいらっしゃる予定ですか?」
そのお母さん:「3年から5年…、主人の仕事次第です。」

続きを読む
posted by oku at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

社会科

日本語教室で背中越しに聞いた会話
ボランティアの人:「日本の首相は?」
中国人の生徒:「小泉…しんいち!」
ボランティアの人:「なんでぇ!」
中国人の生徒:「あ、小泉純一郎や!」

大河ドラマ『義経』を見ていた時のわが家の会話
私:「え、奥州ってどこ?」
妹:「おあね〜。」
父:「うそやん。この日本史、日本地図バカ。よう春から大学院行くって言うわ、も〜。それくらい一応日本人なんやから知っといてよ〜。」

続きを読む
posted by oku at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本史&日本地図バカ

大河ドラマ『義経』を見ていた時のわが家の会話
私:「え、奥州ってどこ?」
妹:「おあね〜。」
父:「うそやん。この日本史、日本地図バカ。よう春から大学院行くって言うわ、も〜。」

日本語教室のあるボランティアの人との会話
私:「私、日本地図とか県庁所在地とかちゃんと覚えてないんですよ。」
ボランティアの人:「それは学習指導要項から言えば、失敗例ですよ。」

続きを読む
posted by oku at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月28日

おばちゃんの一言

野菜の包装・加工のアルバイト先のパートのおばちゃんとの会話
おばちゃん:「へぇ〜、大学院に行くの〜。」
私:      「あ、はい。」
おばちゃん:「最近女の子も大学院に行くんやね。結婚とかどうするつもりなんやろ?」

続きを読む
posted by oku at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

テーマソング

最近の自分のテーマソング
@孫燕姿Stefanie Sun Yan Zi 『學會』
A孫燕姿Stefanie Sun Yan Zi 『逃亡』
BMariah Carey 『Hero』

@A→孫燕姿は、シンガポール出身で台湾を拠点に活躍中の女性歌手。倉木麻衣とコラボしたこともある。
@→本来はおそらく失恋ソング。でも他に、大切な人と別れた時や、普段落ち込んでる時でも元気をくれると思う。
A→進む道に迷った時に聴きたい曲。自分を反省しながら、気持ちを前向きにしてくれる。
B→これも自分に自身を持とう、というような曲。
@AB→また就活する時、人生に迷った時、思い出したい曲たちです。

歌詞を見る
posted by oku at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

何者?

遅ればせながら、プロフィールを兼ねて・・

妹の話
妹:   「おあねの韓国人の友達が来た時・・・。」
妹の友:「韓国人?!」
妹:   「ドイツ人の友達も来たことあるで。」
妹の友:「なんで外国の人とそんなに知り合いなん?お姉ちゃん何者?」
妹:   「・・・続きを読む
posted by oku at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

バレンタインデー

2月16日Aにおいての疑問
☆バレンタインデーについての児童生徒への伝え方は、欧米中心の考え方に沿ったものではなかったか。

この日の日本語教室では、母語学習の時間を充てて、絵本を使い、英語と日本語を用いて、バレンタインデーについて紹介をしていた。目的は、「バレンタインデーとは女の子がチョコをあげる日ではなく、大切に思っている人に大切に思っている気持ちを伝える日」ということを知ってもらうこと。企画は日本語を教えるボランティアの大人たち。聞き手は外国籍であったり異文化を背景に持つ子どもたち(のみ)。

続きを読む
posted by oku at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

はじめの一歩

今日はじめたこと
@ブログ
A日本語教室のボランティア(もどき)

今日考えたこと
B中国の伝統芸術の学校の成立過程や現代における役割
C教えることの奥深さ

追記
posted by oku at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。